プレイキッズガーデンのコダワリ・後払いシステムについて

 そろそろ帰省のUターンラッシュが始まろうとしている感じですね。プレイキッズガーデンはこの週末はやや落ち着いた集客でした。三世代でのご来場が多く、普段一緒に遊んでいないおじいちゃんおばあちゃんとが場内で楽しく遊んでいる光景が多く見られ、お盆なんだなあ、と思う次第です。

 さて、当施設ならではのシステムとして「後払いシステム」があります。普段室内遊び場をご利用されているお客様にはかなり衝撃的な仕組みだと思います。実際、レジでお客様に説明すると、「そうなんですか?すごい便利〜」とよく言われる仕組みです。

 簡単に説明すると、最後の退場時に一番安いプランで精算しますよ、という仕組みです。入場から二時間であれば二時間パス、三時間以上であれば1DAYパスに変更しています。サービスを提供後に支払う後払いはレストランなどの飲食であれば当たり前、先払いはファーストフードの専売特許ですが、室内遊び場業界では、先払いが常識となっています。

 入場料が一律で追加料金のかからない、プールや遊園地の様な施設は先払いが最善です。しかし、時間制で退出時に価格が変動し個別に料金が変わる料金体系の場合に二回精算を導入している場合は、後で割引が効かない、プランの変更は受け付けません、という意思表示と考えてよいと思います。

 それ以外の理由として、ある元室内遊び場で勤務されていた方から「先にもらっとかないとトイレに行くって言っていなくなるから」という話を聞いたことがあります。そのリスクを感じてそうしているとのこと。全ての先払いしているところがそうだとは思いませんが・・・

 先払いシステム+退場時に差額を精算する仕組みの最大のデメリットは、お客様に二回財布を開かせる手間をかけてしまう、ということです。従って過去のブログにも書かせていただいた安全管理に関する説明+二回精算はお客様に対して入場と退場時にかなりの時間と負担をかけてしまう、ということになります。

 ちなみに当施設はオープンから後払いのシステムを導入して4ヶ月経ちますが、当たり前ですが支払わないお客様は一人もいません。たまに、100組にお一人くらい、払ったつもりでスーっと帰ろうとする方はいらっしゃいますが笑

 お客様を信じて後払い1回にすることでその手間が半減し、退出時に一番安いプランに変更できる仕組みは値引き以上にお客様には喜ばれます。そんないいことづくめの後払いシステム。ぜひ業界のスタンダードになればいいな、と思っています。

 




プレイキッズガーデンブログ

当施設は、『楽しいヒラメキのあそび場』をコンセプトに0歳〜小学生までの子どもが自ら考えてあそぶことを目的とした施設です。ブログではワークショップのスケジュールやあそび場の状況などをお伝えしていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000